2017-03-31

パラオの旅~ペリリュー島の巻③

ペリリュー平和公園の次に訪れたのは水陸両用の戦車。

IMG_4098.jpg

すごいですね~
色々戦車を見て回ると違いわ何となく分かってくるんですね~
(ま、ガイドさんが解説してくれるからなんですけど!)

この戦車の近くに高台があります。
その中に砲台が設置されていました。

IMG_4109.jpg

なんだかここはリアルに戦争を感じました。
遠目からはここに砲台があるなんて分かりませんよ。

IMG_4106.jpg

だいぶ距離を飛ばせる砲台だそうです。
600mだったかな??もっとだったかな???


このあたりから空模様がかなり怪しくなってきた…
と思ったらスコール…やっぱり…

IMG_4111.jpg

ってか、なんでこの来たかったペリリュー神社の前でスコールくるかなー!
おいおいなんてタイミングだよ!

IMG_4112.jpg

なかなか止まない…
しばらく待ってちょっと弱まったタイミングで外に出ました。

IMG_4114.jpg

これで止んでくれるかなー

IMG_4115.jpg

あ、いや…

IMG_4116.jpg

さらにやばいかも…

IMG_4117.jpg

↑これでもよく撮れたなーというぐらいまた大雨…

解説もほとんどなく…山に逃げる私たち…
というか、山に逃げたわけではなく、山に入ってさらにツアーは続きました。
もうなんていうか、スコールのなかこんな山の中を歩くなんて、
どこの軍隊の訓練やねーん、って感じでしたが、
これはこれで面白かったです。

ただ雨が凄過ぎて写真が撮れない…という悲しい結果に…

この後もしばらく雨は続きましたが無事ホテルまで帰ることができました。

IMG_4131.jpg

こんなに素敵な島なのに、あんな悲惨な戦場になってしまったなんて。
当時、あの島にいた兵士たちはこんなにきれいな海を見ながら
その現状をどう思ったんでしょうか。

IMG_4151.jpg

なんて平和なおいら。

その後も散々遊びまくり、食べまくり、
真黒になって日本に帰ってきました。

IMG_4345.jpg


それにしても本当にいいホテルでした!

IMG_4295.jpg

IMG_4294.jpg

IMG_4296.jpg

IMG_4303.jpg

何より人が少ないのがいい!










スポンサーサイト

2017-03-31

パラオの旅~ペリリュー島の巻②

島内に日米両軍の戦車が各所にありました。

IMG_3999.jpg

ガイドさんの口ぶりから、戦車マニアも見学に来るみたいですね。

IMG_4001.jpg

こんなふうに、ぽつねんと置かれています。

↓滑走路。
アメリカ軍はこの滑走路を占領することが一番の目的でした。

IMG_4006.jpg

天皇皇后陛下がいらっしゃった時は、この滑走路に新しくヘリポートを造ったそうです。
数年前の台風被害で大変なダメージを受けた島内ですが、
天皇陛下がいらっしゃるということで、だいぶ整備されたようです。



ペリリュー島の戦いは当初は、旧日本海軍とアメリカ海軍との戦いでしたが、
当初の予想をはるかに超える苦戦ぶりで、しびれを切らして陸軍が上陸してきたのでした。

↓それがこのオレンジビーチ。

IMG_4019.jpg

マサト曰く、上陸作戦って難しいだって。
そりゃそうだよね、先にいる方も来るって分かってるし、
そこに突っ込んでいくんだもんな~

IMG_4020.jpg

このビーチが死体と血で赤く染まっただろう、、、
ですが、そういった意味で“オレンジ”ビーチというわけではないそうです。
元々米軍がネーミングしていたものだそうです。

IMG_4023.jpg

そんな悲惨なことがあったなんて全然思えないぐらいきれいなんですけどね。



↓近くにアメリカ軍のモニュメントがあります。

IMG_4014.jpg

ですが、これは陸軍のモニュメント。
海軍は作戦がきちんと遂行できなかったってことで
あまり大々的にモニュメントを作るのは控えたみたいです。

IMG_4016.jpg



こんな細い道の先には…

IMG_4025.jpg

ゼロ戦がありました。

IMG_4031.jpg

ここでやっとお昼ごはん!

IMG_4041.jpg

パラオの犬って基本的に放し飼いです。
でもみんなすごいお行儀いい…

IMG_4035.jpg

弁当うまーい!

IMG_4047.jpg

遠く向こう側に見えるビーチがオレンジビーチ。

IMG_4052.jpg



さてさて、ペリリュー島と言えば…

IMG_4092.jpg

やっぱり日本人の中で一番知られているのはこれでしょう。
ペリリュー平和記念公園内にあるこのモニュメント。

IMG_4091.jpg

やっとここまで来れた、と思いました。

IMG_4078.jpg

どうやらサンゴでできているみたいです。

IMG_4076.jpg

モニュメントの内側はこんな感じ。
何か書いてあります。
『西太平洋戦没者の碑』

IMG_4080.jpg

そうなんです、このモニュメント、ペリリュー島で亡くなった方のみを対象としているわけではなく、
西太平洋で戦死した方のための碑なんですって。
(知らなかった…)

『さきの大戦において
西太平洋の諸島及び海域において
戦没した人々をしのび
平和への思いをこめて
この碑を建立する』

と書かれています。


この碑は海(南)に向かって建てられているのですが、
多分正面は手前側(陸側)なんでしょうね、
碑の上部に目が付いていて、それは日本の方(北側・陸側)を見ています。

IMG_4079.jpg

大仏の目のようです…


そして碑の真下には雲の上に矢印を乗せています。
日本に雲のように飛んで帰れる様に…
矢印は日本を指しています。

IMG_4082.jpg

もうここはほんとに、ぐっときてしまう場所です。


ここからアンガウル島という島が見えます。
(写真ではちょっと見にくいですね…)

IMG_4085.jpg

アンガウル島も激戦地でした。
しかもここは当時のままになっているところが
ペリリュー島よりも多いみたいです。
ただ、この島にはツアーもないし、なかなか上陸できないみたいですよ。

IMG_4086.jpg

と、旦那が何か見つけた。
たつ巻です…ガイドさんもパラオで初めて見たそうです…

IMG_4090.jpg




2017-03-31

パラオの旅~ペリリュー島の巻①

3日目は是非とも行きたかったペリリュー島へ。
もちろんツアーです(ロックアイランドツアーカンパニー)。

IMG_3798.jpg

この舟でペリリュー島まで行きます。

IMG_3799.jpg

救命胴衣を着て出発。
ガイドは元自衛隊のマサトさん。

IMG_3815.jpg

マサトさんの声は聞き取りやすくて、
心地いい早口でとてもよかったです。

IMG_3830.jpg

海がきれいすぎる!

IMG_3836.jpg

ペリリュー島まで一時間ちょっと。

IMG_3862.jpg

早速日本語で書かれてる。
パラオカラーがきれいですね。

IMG_3866.jpg

トイレ休憩の後、早速出発。
ちなみにトイレ休憩は、全部で3回でした。
どのトイレもキレイでビックリしました…

IMG_3869.jpg

↑このバスで島内をめぐります。

まず最初に見学したのは、トーチカ。

IMG_3872.jpg

この中に入って穴から攻撃します。

IMG_3874.jpg

中は意外に深く、残念ながらゴミが…

ペリリュー島って、周囲20キロ?ぐらいだそうで、
本当に小さい島なんです。
そして、なーんにもない。
高校もないので、みんな本島へ出てしまって、
そのまま本島で就職するんだそうです。

IMG_3875.jpg

日本が支配ている時に造られた橋。
米軍との戦い前に破壊されたそうですが、
橋げたはまだ残ってる。

IMG_3877.jpg

↓千人洞窟

IMG_3879.jpg

洞窟の中は迷路のように狭い通路が張り巡らされていて迷いそう。

IMG_3882.jpg

しゃがまないと通れないぐらい狭いところが沢山。
しかも真っ暗なのでお借りしたライトで天井と足元を照らしながら
進んでいきます。

IMG_3883.jpg

よくこんなものを掘ったよね。すごい。

IMG_3885.jpg

↑当時のビール瓶。

IMG_3889.jpg

↑救護室。

IMG_3891.jpg

千人洞窟は割と早い段階で制圧されてしまったとのこと。

IMG_3893.jpg

外に出るとまぶしい…

これもトーチカ。長いです。

IMG_3897.jpg


ペリリュー島民の墓地。

IMG_3908.jpg

IMG_3909.jpg

IMG_3910.jpg

その片隅に日本人関連の記念碑、墓石がありました。

IMG_3911.jpg

観音菩薩にも出会えました。

IMG_3912.jpg

↓沖縄の塔

IMG_3914.jpg

泳ぎの得意な沖縄出身の兵隊10数名が、伝令を伝えに本島までの40キロを泳ぎ、
生きて本島にたどり着いたのは数名だったそうです。
(細かい数字を忘れてしまってスミマセン…)


↓旧日本軍の施設が博物館になっています。

IMG_3919.jpg

爆破されてボロボロなんですが、かなり頑丈なんで完全には壊れなかったようです。

Where are you from?
どこから来たのか針を刺していく。

IMG_3923.jpg

正確なものなのか多少疑問だけど、意外にヨーロッパの数が多かった。

IMG_3924.jpg

ペリリュー島の戦い関連の資料が、アメリカサイドと日本サイドに分かれて
陳列されていました。

IMG_3927.jpg

なんかこう、両国に分かれて同じ建物に並べられてるのが何とも言えない不思議な感覚。

IMG_3932.jpg

ここを沢山の日本人が訪れていることがよく分かりました。

IMG_3939.jpg

私たちがこの博物館に到着した時には、
アメリカ人っぽい方たちのツアーとも遭遇しました。

IMG_3940.jpg

ここに来るのは日本人だけではありませんね。



↓旧日本軍指令本部跡。

IMG_3949.jpg

ここは廃墟好きにはたまらない場所なんではないかと思います。
私自身はそこまで廃墟好きだとは言いませんが…

IMG_3953.jpg

相当丈夫な建物だったようで、
当時の部分がだいぶ残っています。

IMG_3954.jpg

天井も一部抜けてしまっています。

IMG_3955.jpg

でも、なんと!二階に上がれるのです!

IMG_3956.jpg

んん??この上に行けるの??

IMG_3958.jpg

その前に一階を見学。

IMG_3961.jpg

分厚いドアをくぐると、そこは頑丈な造りの部屋でした(窓はないですが…)
そうとう丈夫だそうで、数年前の巨大台風の際は地元の方たちはここに避難したそうです。

IMG_3962.jpg

横から見ても壮観。

IMG_3968.jpg

ドアの上部には銃撃の跡がありました。

IMG_3973.jpg


さて、お待ちかねの2階へ。

IMG_3979.jpg

当時のタイルが残っています。
内装にもこだわっていたようです。

IMG_3985.jpg

ふつーに落ちそうです…

IMG_3986.jpg

↓トイレ

IMG_3989.jpg

↓お風呂(立って入れる!)

IMG_3991.jpg

本部の建物のすぐ横に防空壕があります。
上空からは全く分からないみたいです。

IMG_3996.jpg






2017-03-31

パラオの旅~セスナの巻

翌日はめちゃいい天気になりました!

IMG_3412.jpg

ん~たまら~ん

IMG_3416.jpg

部屋の入口付近。
右手が泊ったお部屋。

IMG_3408.jpg

部屋の前に灰皿が…スモーカーの方、助かりますね。

IMG_3409.jpg

以外に灰皿がそこらにあったので意外でした。
町中でもどこで吸ってもいいような感じでしたが、
基本的には現地のみなさんも灰皿が設置されているところで吸ってましたよ。

IMG_3406.jpg

昨日、ホテル着いてからフリーwifiに接続しようと思って何度もトライしましたが、
全然つながらず…
今日も全然つながりませーーーん。

IMG_3422.jpg

でもつながらんでもよくない?
ここまで来て携帯ばっかみてるのもなぁ。

IMG_3425.jpg

ホテルのプライベートビーチ!めっちゃきれい!
今日は人が少ないのでしょうか?
10時でもビーチに出ている人がほとんどいない…

IMG_3437.jpg

早速、海で遊ぶ!

IMG_3438.jpg

久しぶりのシュノーケルでしたが、全然大丈夫でした!

IMG_3490.jpg


お昼過ぎからはセスナ~
実はセスナに乗るのは人生初めて!
ホテルまで迎えに来てくれて、昨日到着した空港まで向かいます。

IMG_3557.jpg

千原ジュニアさんも乗ったらしい席に旦那を乗せる。
千原ジュニアさんもドアなしで乗られてみたいで、
ドアなしは通常はプラス10ドルだったのですが、
当時キャンペーン中だったので、タダでドアなしにしてもらいました~

↓これこれ!一回付けてみたかったんだよね!

IMG_3560.jpg

↓ロングアイランドビーチ

IMG_3634.jpg

実はこの日、そこまで晴れではなかったのです。
ときどき曇ってたので、空からもそこまできれいには見れないのかな~
と思っていたのですが、全然大丈夫でした!
多少天気が悪くてもきれいに見えるのではないかと思います。

IMG_3693.jpg

↑セブンティアイランド。これこそがパラオですよね~

セスナは正直言って高いですが、乗ったことがない人にとっては
いい思い出になると思いました。
特にセブンティアイランドは人が海からは入れない区域ですので、
通常は空からしか見れませんしね!


セスナからホテルまで送ってもらう途中で下車させてもらい、
町中をブラブラ。
ショッピングセンターへ行ったり、お土産屋さんを覗いてみたり。

夜ごはんまで時間を潰しながら、野球場裏の廃戦車を見に行ってきました。

IMG_3749.jpg

ガイドブックにも書いてある有名な戦車なのですが、
はっきり言って分かりにくい…
地元の人が教えてくれて、え?こんなとこ?っていう場所にありました。

IMG_3752.jpg


この日の晩御飯はカレー屋さん『Taji』

IMG_3760.jpg

マトンカレー、激うまでした!
パラオは何食べてもうまいと聞きましたが、本当にそうかも…






2017-03-31

パラオの旅~行きしの巻

昨年の7月ぐらいから、そうだ!パラオへ行こう!
と計画しておりました。
決行日は3月中旬の連休を利用して。

海外が苦手で、あんまり英語を話したくない旦那でも
行けそうなパラオ…
海もきれいできっと満足できるであろうパラオ…

そんな理由でパラオ行きを決めたのでした。

ところが、私の入院&手術が決まってしまって、
一時はパラオ行きを断念する雰囲気でしたが、
お陰様で快復も早く、旦那も行こう!という気概を見せてくれたので
私も快く行くことができました。



熊本に住みついて約一年半。
ここから海外へ行くのは初めてなのですが、
熊本から海外へ行く方はみなさん、
福岡空港まで行くのが普通みたいですね。

IMG_3316.jpg

ということで我々も福岡空港までバスで行ってきました。
熊本⇔福岡空港『ひのくに号』
予想以上に乗客が多く、補助席を使用する方もいらっしゃいました。
時間帯と時期的なものなのでしょうか(大学生は春休みor卒業旅行かな~)

IMG_3320.jpg

とりあえずグアムまで飛びます。ユナイテッド航空。
事前情報で、飛行機内は席付きの画面がなく、
映画を観たりするのも自分のデバイスを利用しなくてはならず、
そのためには事前にアプリをダウンロードしないといけない…
と聞いていたのですが、実際にはちゃんとスクリーンがあり、
映画もちゃんと観れましたよ~

IMG_3345.jpg

↓機内食。まあまあおいしい!
けど、メンズは足りんやろうな。

IMG_3322.jpg

グアム到着~
グアムの場合、トランジットでの利用でも一度グアムに入国しなければなりません。
しかもイミグレで1時間半待たされる、、、という、グアムに来たことがある人は
分かると思いますが、、、

IMG_3328.jpg

ちょっと時間があったので、グアム空港の外に出てみた。
暑~い、というよりむし暑~い!
脱げるような服を着てきたので調子こいて脱いでみたら…

寒~い…

IMG_3341.jpg

イミグレを抜けてから約1時間ぐらいでパラオ行きの飛行機に搭乗。
あれ、日本人が一気に減った!
機内食もさっきと似た感じ…

IMG_3346.jpg

一時間ちょっとでパラオに到着~
思ったより早く着いて、9時ぐらいだったかな??

IMG_3347.jpg

今回はオールフリープランのツアー(JTB)で行きましたので
ホテルまでバスで送っていただきます。

IMG_3350.jpg

2、3のホテルでそれぞれの乗客を降ろして、
約40分ほどで我々のホテルにも到着~

IMG_3352.jpg

今回お世話になるのは、パラオパシフィックリゾート。

IMG_3351.jpg

私たちを入れて4組の日本人が本日チェックイン。

IMG_3353.jpg

部屋はオーシャンフロントにしました。
後々思ったのですが、オーシャンフロントでなくても全然全然!
どこの部屋でも楽しめるホテルだと思いました!

IMG_3373.jpg

正直、そんなに新しいホテルではないので、
そこまで期待していなかったのですが、とてもいい部屋でした!

IMG_3379.jpg

2階の部屋だったので天井が高い~

IMG_3400.jpg


この日は寝るだけ。

IMG_3384.jpg







THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク