2016-12-06

祐徳稲荷神社の巻

蟹御殿から熊本に帰る際、祐徳稲荷神社にお参りに。

IMG_3110.jpg

日本三大稲荷の一つ、、、だそうで、、、、

IMG_3111.jpg

私としては三大稲荷なんてものがあるなんて全然思いもしなかったのですが、
好きですよね日本人は、三大なんちゃらが。

IMG_3119.jpg

ちょっと調べてみたのですが、三大稲荷とは、
伏見稲荷、豊川稲荷、そしてここ祐徳稲荷。

IMG_3121.jpg

もちろん諸説あり、ですよ。

IMG_3122.jpg

ということで、めぐりんは日本三大稲荷をこれにて参拝したことになります。

IMG_3120.jpg

このあたりは焼き物が有名な地域、有田、伊万里、波佐見の近くですので、
境内の地図が焼き物でできてる!すごー

IMG_3123.jpg

…なんか、めちゃデカイんじゃない?????

IMG_3126.jpg

色がきれいです。お稲荷さんは朱色でないとね。

門の手前の池の松がなかなかすごかった。

IMG_3127.jpg

あとちょっとで橋に届きそう…!

IMG_3129.jpg

↑↓これもこちらももちろん焼き物。

IMG_3130.jpg


奥へ進むごとにびっくりしますよ!

IMG_3131.jpg

まるで清水の舞台じゃないか!

IMG_3132.jpg

すごい!こんなところがあったんだ!
全然知らなかったぜい!

IMG_3134.jpg

この階段を上って本堂へ。

IMG_3135.jpg

紅葉との相性が抜群ですね!

IMG_3137.jpg

緑とも相性がいい!
なんせ天気がいい!

IMG_3140.jpg

しばし階段を上って到着!

IMG_3143.jpg

今生きていることに感謝。
そしていつも通り、「無事に帰れますように」

IMG_3144.jpg

上から境内を眺める。

IMG_3142.jpg

なぜだかガラガラの絵馬…
みんなここまで登ってこないのかな??

IMG_3141.jpg

せっかくなので、奥の院まで行くことに…

IMG_3146.jpg

奥の院ってだいたいそこそこの距離あるよね、
奥の院っていうだけあって。
今回はどうでしょうか。

IMG_3150.jpg

切り通し、っていうですかね?

IMG_3154.jpg

岩を削って道を作ったみたいな感じでした。

IMG_3158.jpg

半分ぐらいきたところから足場が悪くなってきた。
鳳来寺を思い出すぜ…

IMG_3160.jpg

えっちらおっちら、奥の院へ到着~

IMG_3162.jpg

ここから見る景色が最高でした。

IMG_3163.jpg

さて、帰路ですが…
こんな標識が…

IMG_3165.jpg

どんなんやねん、と思ったのですが…
まあまあ危なかったです…
年配の方は本当に気をつけないと。

途中、こんなものが…
こういった大きな岩が沢山ありました。

IMG_3167.jpg

何とか無事に下山…


境内に入った時に気になったエレベーター。

IMG_3125.jpg

本堂から下りる時にエレベーターに乗ってみようか、ってことで…

IMG_3168.jpg

しかし、一人300円もしたのでやめました。。。


祐徳稲荷の名物の羊羹。

IMG_3112.jpg


そして参道に田の神さまもいらっしゃいました。
佐賀県にも田の神さま、いらっしゃるんですね!

IMG_3113.jpg




しばらく病気治療のためにブログをお休みします。
まあ、たまにしか更新してなかったブログですので、
公言するほどのことではないですけど…

長い治療になりそうですが、
体調状況により寺社仏閣を回れることがあれば更新したいと思います。

ではでは






スポンサーサイト

2016-12-05

蟹御殿の巻

吉野ヶ里遺跡から本日のお宿“蟹御殿”へ…

IMG_3109.jpg

旦那の上司のオススメで行ってまいりました。
佐賀県の太良町にあります。

吉野ヶ里遺跡から下道で2時間ぐらいかかったかな?
宿についたのは既に19時…

IMG_3058.jpg

宿に着いたら、あったかいお茶とぜんざいが出てきました。
これぐらいの量が私たちにはピッタリです。

IMG_3060.jpg

部屋はお風呂付きでした。

IMG_3061.jpg

結構お風呂は大きいのですが、
海側の正面の大きな窓は開きません。
横の窓2か所のみ開きます。

お食事は19時開始が最終と聞いていたのですが、
事前に遅くなる旨、連絡を入れていたこともあってか、
20時に食事開始で了解いただけました。

宿のご厚意で、温泉に入ってから食事の方がいいですよね?
と言っていただき、最上階の露天風呂なら、
今の時間だとみんなご飯中なので誰も入ってないと思いますよ~
ってことで、最上階の露天風呂へ…

本当に誰もいなくて最高でした。
天気も良く、星がたくさんきれいに見えました。
旦那は流れ星も2つぐらい見えたそうです。
「何をお願いしたの?」って聞いたら「私の健康」だって。

IMG_3071.jpg

久しぶりの蟹、おいしかったです~

IMG_3070.jpg

慣れた手つきでどんどん蟹を捌くベテランお姉さま。
多い時で一日100匹捌く時があるそうです。

IMG_3076.jpg


ご飯後も部屋のお風呂に入ったけど、
明け方も入る。
是非とも日の出が見たかったので。

IMG_3084.jpg

ここしばらく色々なことがあって、
気持ちが非常に不安定で、浮き沈みが激しい…

IMG_3088.jpg

考えれば考えるほど、情報があればあるほど泣けてくるので
非常につらい。

IMG_3089.jpg

楽しく笑わないといけないんだけど、
それがなかなか難しい。
あ、でも車の中でみたダウンダウンのDVDは笑ったな

IMG_3090.jpg

とてもいい機会だったので、自分の裸の写真を撮っておいた。
またいつか見返すこともあるかと思って。
旦那が「流出しないように」だって  確かに…

お風呂の湯気が国立科学博物館で見た宇宙線みたいだった。

IMG_3094.jpg


朝ごはん。
みかん100%ジュースが飲めますよ~
ってことで試してみた。

無題1

なかなかおいしかったです。

IMG_3098.jpg

もりもり食べれました。

IMG_3100.jpg

景色もきれいで最高でした。

IMG_3099.jpg

ご飯後はラウンジでコーヒー

IMG_3101.jpg

IMG_3102.jpg

こんなにゆっくりするのは暫くはできないかもしれないかと思うと、
ちょっと寂しいですな。

IMG_3103.jpg






2016-12-04

吉野ヶ里遺跡の巻

前々から行きたかった吉野ヶ里遺跡へ行ってきました。

IMG_2981.jpg

着いたのは昼過ぎでした。

IMG_2982.jpg

結構広いですよ~

IMG_2987.jpg

金曜日だったからなのでしょうか、ガラガラです…

IMG_2988.jpg

大きな橋を渡って、遺跡へ向かいます。

IMG_2991.jpg

環濠集落ですね、日本史専攻の人は分かりますよね。

IMG_2992.jpg

動物にも遭遇します…

IMG_2994.jpg

資料館もありました。
なかなか勉強になります。

IMG_3006.jpg

レプリカですが、こんな感じに埋葬されていたそうです。

IMG_3005.jpg

見晴らし台から全体の景色が見えます。

IMG_3011.jpg

環濠集落ってこういう感じなのね、と良く理解できます。

IMG_3012.jpg

再現された住居は中に入ることができます。

IMG_3016.jpg

マネキンがいる住居もあります。

IMG_3017.jpg

なかなか快適そうでした。

IMG_3020.jpg

環濠の回りにムラがあって、さらに王の家の周りには環濠がありました。

IMG_3021.jpg


休憩室、という場所があって、その中に自動販売機が…

IMG_3025.jpg

どうやって入れたのかな…


多分、一番大きな再現建造物、北内郭↓

IMG_3028.jpg

白い木の壁だけみれば、まるで南仏のような雰囲気!

IMG_3030.jpg

ステキですね~

IMG_3031.jpg

建物が入り込むと、とたんに“和”になりますけどね…

IMG_3032.jpg

なんだろ、お城みたいな感じですよね。
旦那は寺の原型みたいだね、とも言ってました。

IMG_3036.jpg

内部はマネキンさんが…

IMG_3037.jpg

更に上階にもマネキンさんが。

IMG_3038.jpg


上位クラスの方のお墓を保存している建物↓

IMG_3041.jpg

独特の臭いがするのですが、保存のための薬品のにおいだそうです。

IMG_3042.jpg

実際に発掘したお墓をそのまま保存しています。

IMG_3049.jpg

なので甕も本物です。

IMG_3043.jpg

↓これはもちろん、再現。

IMG_3048.jpg

この建物を外からみると、こんな感じ↓
こんな砲台グリーンだったら大変だね

IMG_3050.jpg

どうしてもこんな感じで芝が刈ってあると、ゴルフ場に見えてしまう…

IMG_3051.jpg

でもお墓です。

IMG_3052.jpg


広くて気持ちのいい場所でした!

IMG_3053.jpg







THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク