2012-11-23

洞泉寺の巻

額安寺の後、腹ごしらえをして次のお寺へ!!

昔の遊郭が隣接するお寺、洞泉寺です。

dousenji

周辺は昔の風景を少しだけ残しています。

dousenji

dousenji


境内はだだっ広い!
見どころは(おそらく)本堂と地蔵堂のみ。

tousenji

あ、ここは予約が必要ですからね!

本堂の横の寺務所からあがらせてもらいます。

tousenji

御本尊は、快慶作と言われている阿弥陀如来三尊(立像)。
もうね、これはドストライクですよ!
本当に素晴らしい!!

特に!脇侍!!観音&勢至!!

このお寺ではパンフレットはいただけなかったので、
画像がないのですが…

調べたら出てきました!
(画像は大和郡山市HPより)

tousenji

この画像は脇侍である観音お二人がこちらを向いてますが、
実際には中心の如来の前方あたりを向いており、
お参りする人からは斜めの顔しか見れません…

でも!その斜めの顔!!顔!!めちゃステキ!!
何て男前!!
斜めの写真がほしい!!!!


今回の仏像部ナンバーワンの美形でした。


境内の入口付近にもうひとつお堂があります。

tousenji

近づいてみると、

tousenji

ちょっと読みにくいのですが
『光明皇后勅願 垢抓湯船地蔵尊』と書いてあります。

このお堂には『あかすり地蔵(あかかき地蔵)』が安置されてるっぽい。

調べてみると、
“光明皇后は難病に苦しむ人々のために、大石に地蔵尊を浮き彫りにし、
それを石の湯船の上に安置し、御頭から白湯を流し下し、御尊体を流通して、
御足下から湯槽にはいるようになっていた。
難病は、これを浴びて平癒しないものはなかったといわれている。”
(http://www.7kamado.net/den_yamato/kouriyama_den2.html)

…だそうです。

そういえば本堂の横にこんなものが…

dousenji

これがその伝説に云う湯船なんでしょうか??



洞泉寺の横にはお稲荷さんがいらっしゃいます。
源九郎稲荷神社。

dousenji


ちょっと面白いものを発見。

tousenji

tousenji

とても上手に描かれてますよね!







スポンサーサイト

2012-11-17

額安寺の巻

長岳寺を後にし、次に向かったのは『額安寺』。

gakuanji

ここは聖徳太子ゆかりのお寺だそうで…

めっちゃキレイなお寺…


↓本堂。
kakuanji

御本尊は十一面観音。
(写真はHPから)
kakuanji

色がめちゃ残ってます。
脇を梵天と吉祥天が固めてるのですが…

吉祥天の頬にめっちゃでかい蛾が…
蛾も仏像の一部かと思うほど微動だにせず…


このお寺の見どころは『虚空蔵菩薩半跏像』。
(写真はHPから)
kakuanji

本堂ではなく、宝物殿に収められています。
なかなか素晴らしい仏像ですよ。

宝物殿の隅っこにこの仏像の大きな写真が飾ってあるのですが、
まったく別人に見えました。

表情の豊かな菩薩さんですよ。
奈良最古の虚空蔵菩薩だそうです。


境内はほんとにきれいでした。
規模も小さく、それでも文化財の質は素晴らしく、
こんなお寺が近所にあったらなぁ…(笑)。

kakuanji



このお寺でもボランティアの方が色々と丁寧にガイドしてくれました。

kakuanji


お寺のパンフ↓

kakuanji

金閣寺のお札(チケット)にも似てますが、
そのまま部屋に貼れますね(笑)。













2012-11-11

長岳寺の巻

久しぶりのばり仏像部!

10月後半に行ってまいりました!!

久しぶりの仏像部ですね。
東京組のみなさんにもお会いでき、とても楽しかったです。


まずは奈良県天理市の長岳寺へ。

chougakuji

そんなに有名なお寺でもないのですが、駐車場もいっぱいで盛況な印象を受けました。

chougakuji

今日も会長の帽子も同行いただきました。


入口の大門をくぐり抜けると、まっすぐにはしる小道があります。

chougakuji

これを抜けると受付と楼門が迎えてくれます。

地獄絵図も今回の目的。

chougakuji

↓楼門
chougakuji


楼門では、解説してくれるボランティアの方が色々説明してくれました。

chougakuji


それでは本堂へ。
この本堂の中に“大地獄絵図”が飾られております。

chougakuji


御本尊は阿弥陀三尊。阿弥陀さんの脇は観音さんと勢至さんです。
脇侍は半跏です。
(画像はHPから)

chougakuji

このリラックスした様が安心感を与えてくれますよね(笑)。

三尊もすばらしいのですが、何より地獄絵図がすごかった!!

chougakuji

ここでもボランティアの方がたっくさん説明してくれたんですよ!
めちゃめちゃ詳しい!!

かなり大きな絵図なのですが、色々細かく描かれており、
私たちもかなりの時間、凝視しては質問を繰り返してました(笑)。

地獄の話は長くなるので、また別の機会に…(笑)。



本堂ですが、こんなのもあります↓

chougakuji

だそうで…


これ↓がその足跡…

chougakuji

くっきり見えますね!!



長岳寺はその境内も広く、石仏など点在しています。

このお寺は弘法大師が創った寺が起源となっており、
(だからもち、真言宗)境内には大きな大師さんがいらっしゃいます。

chougakuji

その大師さんの目の前にある桜の木。

chougakuji

これ、ちょっと分かりにくいんですが…

この桜の木、けっこうな老木だそうで…
それでも生きようとする木が枝から根を生やしているんだそうです。

すごいですよね~



そしてこちら↓

chougakuji

この十三重塔…

先端がないんです…

chougakuji

どこにいったんでしょうか…

答えは…

chougakuji

…下に落ちてました…

臼杵の磨崖仏を思い出しました!!


極楽浄土@長岳寺。
chougakuji


楼門を出たところに旧地蔵院という建物があります。
長岳寺はその昔はたくさんの寺院があったそうで、
この旧地蔵院もそのひとつ。

chougakuji

この中にいらっしゃる“普賢延命菩薩”。
もう最高にすんばらしかったです!!
写真がないのが残念です。

顔はめっちゃ美形。
御本尊は4頭の像に支えられているのですが、
その4頭の像には四天王が隆々と立ち、
さらにその4頭の像を無数の象が支えるという、
独特の雰囲気を持つ、超美形菩薩(笑)。




それにしても猫の多いお寺。

chougakuji



大地獄絵図の修復のための協力金1,000円でいただける地獄絵図パンフ。

chougakuji

めっちゃ見ごたえありますよ!
1,000円の価値、大有り!!















THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク