2017-11-28

陰陽石&霧島岑神社の巻

すきむらんどを後にし…
次は、陰陽石というところに行ってきました。

IMG_05828.jpg

ままこ滝からちょっと走ったところです。

IMG_05827.jpg

陰と陽、つまりは男と女、という意味合いだそうです…

IMG_05830.jpg

まあ、その、田舎にありがちなヤツですよ。

IMG_05831.jpg

ただ、これがどうやってできたかが非常に興味深く、
霧島火山帯の溶岩等の噴火物が堆積したものが、
川に削られてできたそうです。

これがその川↓

IMG_05832.jpg

一体どんだけ削ってんねーん。

IMG_05825.jpg



次に訪れたのは、霧島岑(みね)神社。

IMG_05833.jpg

神社ですが、仁王さんが出迎えてくれますよ。
何だか、国東半島の寺に来たみたいです…

IMG_05834.jpg

素敵すぎる…

IMG_05835.jpg

とても神秘的な雰囲気です。

IMG_05837.jpg

洞の中で、100ml商材が戦っています…
(そう見えるのは前職の職業病でしょうか…)

IMG_05836.jpg

階段も独特です…

IMG_05838.jpg

思ったよりこじんまりしていました。

IMG_05839 (1)

そして、ここも、誰もいない…

IMG_05847.jpg

古いタイプのおみくじがありました。

IMG_05842.jpg

ここに100円入れても出てこなさそうだったので
やめました。

IMG_05843.jpg

米と塩がお供えされていました。
そして、やはり九州ですね、焼酎のお供え。

IMG_05839 (2)

珍しい、木の表紙のご朱印帳。

IMG_05846.jpg

霧島の噴火で何度か再建されているみたいですね。

IMG_05845.jpg

神社の建物もそれほどしっかりしていない印象。
大きな噴火もいつ来るか分からないし、
建物にそこまでお金を使っている感じじゃない…

IMG_05848.jpg

でも、歴史を感じる神社です。

IMG_05849.jpg

仁王さんが本当にいい感じ!

IMG_05850.jpg





スポンサーサイト

2017-11-28

すきむらんど ままこ滝の巻

実は“かるかや”は外よりも寒い…

「さびーさびー」と言いながら、朝風呂を浴びて
朝ごはんへやってきました。

IMG_05796.jpg

宿泊客は私たちだけなので、もちろん朝ごはんもウチらのみ。

IMG_05804.jpg

釜めしがある!

IMG_05800.jpg

おいしそすぎる!

IMG_05795.jpg

いや、本当においしい!

IMG_05797.jpg

↓大将が昨晩作ったというこんにゃく。

IMG_05798 (1)

↓これまた手造りの豆腐(味噌味)。

IMG_05798 (2)

昨晩と、今朝と、大変おいしいものを食べさせていただき、
更に素敵なお宿と、非日常的なグレートエクスペリエンス!

これで、一人一万円ですよ!


絶対また来たい、すきむらんど“かるかや”。


これも有難かった↓

IMG_05772.jpg

バスタオルが干せる!
これ、他の旅館やホテルも導入してほしい…



チェックアウト後、この近くにある“ままこ滝”へ行ってきました。

すきむらんどの中を通っていきます。

IMG_05810.jpg

栗が名産なので…
栗に引っかけてるわけですが…

IMG_05811.jpg

「須木なもん買っち栗」
かわいすぎやろー

IMG_05812.jpg

通行料200円。

IMG_05813.jpg

誰もいない…

IMG_05814.jpg

橋の真ん中あたりから、ままこ滝が見えます。

IMG_05815.jpg

継母にいじめられていた子供、
ある日やたら優しくしてくれる継母。
その嬉しさから自分と継母の帯を一緒に結んだ子供。
子供を滝につき落して殺そうとする継母。
一緒に滝へ落ちて行く子供と継母…

IMG_05819.jpg

そういう伝説が残っている滝です。

IMG_05820.jpg

ここはダムになっているそうですが、
ダムができる前は水位が今よりもっと低く、
滝は40メートルもあったそうです。
今でも十分迫力ありますけどね。

駐車場近くに酒造会社がありました。

IMG_05823.jpg

須木酒造さんです。
昨日飲んだ、山猪の会社ですね。

IMG_05822.jpg

ちょっと覗いたら、親切にも蔵の説明をしてくださいました。
また買いますね。



2017-11-28

すきむらんど かるかや に泊るの巻

11月後半の連休、夫の宮崎の実家に帰ることに…

途中、以前から泊ってみたかった『すきむらんど かるかや』へ。

IMG_05805.jpg

実は宿に着いたのは18時を回っていて(受付時間に間に合わなくてあせった…)、
到着した時は真っ暗…
なので周りの雰囲気が全く分からなかったのですが・・・

この写真は実は、翌日撮影したものでございます…ナハハ…

IMG_05807.jpg

近くに湖があります。

IMG_05809.jpg

一軒家単位で宿泊できるので、
家族みんなで宿泊することもでき、
小さい子が騒いでもあんまり問題なさそうですよ。

IMG_05806.jpg

↑すぐ近くにご飯処があり、ここで夜ごはんと朝ごはんをいただきます。

今回宿泊したので、4棟ある“かるかや”のうちの“銀寄”というところでした。
全て栗の品種で名づけられているようです。

部屋の中はこんな感じ!

IMG_20171123_200554.jpg

なんと、でっかい囲炉裏がある!

IMG_20171123_200905.jpg

キッチンもある!

IMG_20171123_200912.jpg

電子レンジもあって、数泊できそうな感じ。

IMG_20171123_200843.jpg

お風呂は温泉ではありませんが、
キレイで、お湯もたっぷり出て、大満足でした。

IMG_05771.jpg

部屋も広くって快適!
コタツ、灯油ヒーター、エアコン、暖房超完備でした!

さてさて、お楽しみの晩ごはーん!

IMG_20171123_182940.jpg

食事処へ入ってビックリ…
なんと、この日はウチらしか宿泊していないことが判明…
まじか…

IMG_20171123_182948.jpg

↑やまめのお造り。

IMG_20171123_183144.jpg

↑具たくさんお鍋!

IMG_20171123_183507.jpg

↑真ん中の赤いのは鹿肉でした。

IMG_20171123_185232.jpg

ごはん、めっちゃおいしかったです。
たのしい大将の手造りのごちそう、大満足でした!

IMG_20171123_185725.jpg

焼酎もたくさん種類があって、めちゃ迷う…
5合瓶があいにくなく、仕方なく一升瓶でいただきました。
(もちろん、残りは持ち帰り~)

いただいたのは、地元の須木酒造の『山猪』という焼酎です。

IMG_20171123_191506.jpg

最後は、栗ご飯に栗のお吸い物。
激ウマ、大満足!な晩御飯でした。

IMG_20171123_200425.jpg

部屋に戻って…

IMG_20171123_200607.jpg

炭で火起こしだっ!(炭代@300円、着火剤付き)

IMG_20171123_201638.jpg

オット、楽しそうです。

お風呂に入って、部屋にあった半纏を着て
炭火を楽しみました。

IMG_20171123_220332.jpg

テレビもラジオもない、シーンと静まりかえった部屋で
お湯割りを飲み、炭をいじりながら、最高の夜でした。

イカを持ってきてたら良かったね~


朝ごはんへススム→



2017-11-20

五家荘の巻

一青窈のライブ後は八代市内に宿泊。

次の日、五家荘というところへ行ってきました。

IMG_5693.jpg

五家荘まで行くには、
ものすごい狭い道をひたすら進みます…
簡単には離合できないような道なんですが…

事前に調べたところ、11月の日曜日は一方通行になるという情報が!
それならちょうどいい!
11日の一青窈ライブ後の12日の日曜日に行ける!

ということで行ってきたのですが…
紅葉のベストシーズンということもあって、
車の量も多分普段より多いのでしょう。

全てが一方通行というわけではないので、
ところどころ大変なことになっていました…
私は普段の行いがいいのか?????特に巻き込まれず…

やはり標高が高いからでしょうか、
ちょっと寒い…

IMG_5694.jpg

まずは“せんだん轟”という滝へ向かいます。
途中、観音さんが…

IMG_5695.jpg

めっちゃかわいい…

IMG_5708.jpg

この日もめっっっちゃいい天気でしたので、
滝もめっっっちゃきれいに見れました。

IMG_5697.jpg

紅葉も最高にきれいでした!

IMG_5719.jpg

次に訪れたのは“緒方家”

IMG_5731.jpg

五家荘とは、平家の落人伝説のある集落です。
壇ノ浦の戦いで敗れた平家の子孫が隠れ住んだという言い伝えがあります。

IMG_5730.jpg

その一つがこの緒方家。
隠し部屋とかあって面白かったです。

平清隆さんの話を聞くめぐりん↓

IMG_05723.jpg


梅の木轟公園の吊り橋↓

IMG_5740.jpg

吊り橋が2段ありました。

IMG_05742.jpg

本格的なカメラを抱えてる人たちが沢山いました。

IMG_05744.jpg

私のへなちょこカメラではきれいな紅葉も残念な感じ…

IMG_05750.jpg


五家荘 平家の里へ向かいました。
ここに来るのは一番の目的だったのですが…

IMG_05756 (1)

紅葉めちゃきれい!

IMG_05756 (2)

おいらのへなちょこカメラでも全然きれいに撮れてる!

IMG_05758.jpg

IMG_05763.jpg

こうやって、紅葉を見におでかけするなんて、
本当に何年ぶりだろうか…
ヘタしたら20年ぶりとかじゃなかろうか…

IMG_05768.jpg

この近辺の一方通行は15時まで。
ここ平家の里の駐車場も、吊り橋の駐車場なども
大渋滞で全然思うように進みませんでした。
お陰様で15時までに下山できず、
帰り道は大変なことになっていました。

15時で一方通行が解禁になるため、
逆方向からも車が来るのですが、
もともとの一方通行の道で帰る車が多く、
逆から来る車はほとんど動くことができず…

大大大渋滞で帰り道はえらい疲れました~


紅葉を見るって、ほんと体力が要りますね!
ま、かなり久しぶりなんで構いませんが、
毎年見に行こうとは思わんかな…



2017-11-20

八代城跡の巻

ちょいと用事があり(後述)、八代市へ行ってきました。

その『用事』までしばし時間があったので、
近くの八代城跡へ行ってきました。

IMG_20171111_161642.jpg

“跡”なんで、もうお城はないんですが…

IMG_20171111_161610.jpg

立派な石垣は残っています。

IMG_20171111_161709.jpg

お堀の水もきれいでした。

IMG_20171111_161735.jpg

お城の代わりに神社があります。

IMG_20171111_162840.jpg

西日が当たってきれいでした。

IMG_20171111_161822.jpg

入口右の細い小道を登っていくと…

IMG_20171111_161923.jpg

なんと!
石垣の上に!

石垣の上を歩くことができます。
ベンチもあって、地元の方たちの憩いの場みたいでした。

IMG_20171111_162125.jpg

土俵もあった。
土俵がある神社って、そんなに多くないと思うんですが、
前回行った蓮華院誕生寺奥の院にもありました。

IMG_20171111_162215.jpg

IMG_20171111_162329.jpg

それにしてもきれいな石垣です。
当時からのものはどこまで残っているのか
分かりませんでしたが…

IMG_20171111_163011.jpg

IMG_20171111_163637.jpg

さて、本日の“用事”ですが…
八代市厚生会館で行われました。

IMG_20171111_164438.jpg

一青窈のコンサートでした~♪

IMG_20171111_171919.jpg

2曲しか知らないのに前から7列目という超アウェー感…
でもとても良かったです♪♪
たまにはコンサートもいいですよね~

IMG_20171111_165844.jpg

↑一番上のビリギャル講演会っていうのがめっちゃ気になる(笑)
あと、もうちょっと字を練習しましょう…


2017-11-05

世界文化遺産 万田坑の巻

世界文化遺産、万田坑へ行って来ました。

IMG_05623.jpg

正確には、
『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の一つ、
三池炭鉱の万田坑です。

IMG_05624.jpg

ビジターセンターみたいなところで
一通り資料を観覧し、15分ほどの解説映像を観た。

IMG_05625.jpg

実はこのあたりは、現在の仕事で来ることがあり、
昔このあたりに炭鉱がたくさんあったことは知っていました。
機会があれば是非見たいと思っていたので
今回来れたことは非常に嬉しかった。

IMG_05628.jpg

チケットを買って、炭鉱跡に入場した時、
今ちょうどガイドさんの解説が始まったところだった。

IMG_05630.jpg

あぁ、あの地震にも耐えて、
よくぞ残ってくれた…

IMG_05631.jpg

↓ここでみんな並んで炭鉱へ入っていったそうな。

IMG_05634.jpg

↓この建物の中には入れませんでしたが、
なんだか乱雑な感じ…
世界遺産だから手がつけられないのでしょうか…

IMG_05635.jpg

IMG_05636.jpg

↓お風呂。
このお風呂は人数が減ってから使用していたお風呂だそうで、
全盛期はもっと大きいお風呂が別の場所にあったそうです。

IMG_05638.jpg

仕事のストレスで八つ当たりやケンカでケガしないように、
洗面器はゴムでできていたそうです。


竪坑口へ。

IMG_05641.jpg

↑ここから石炭を運びだしたそうです。
↓これに石炭を入れて運んだそうです。

IMG_05639.jpg

IMG_05645.jpg

さあ、炭鉱の入口まできましたよ~

IMG_05646.jpg

残念ながら穴は塞がれていました。

IMG_05647.jpg

穴を埋めないと閉山したことにならないそうです。

IMG_05653.jpg

IMG_05654.jpg

途中、祠を発見!

IMG_05656.jpg

山ノ神さまだそうです。
炭鉱夫はここで一礼して炭鉱に入って行ったそうです。

IMG_05657.jpg


次に巻揚機室へ。

IMG_05659.jpg

ここではみんな黄色いヘルメットを被って見学します。

IMG_05664.jpg

ここには3台の巻揚機があるのですが、上に行くにつれて
どんどんデカくなっていきます。

IMG_05670.jpg

そして、

IMG_05668.jpg

そう、めちゃ寒い!!


一番上にある、一番大きい巻揚機。

IMG_05678.jpg

かなりでかいです。

IMG_05672.jpg

ノスタルジーを感じますね~

IMG_05673.jpg

なんだか二階堂のCMに出てきそうです…

IMG_05677.jpg

↓こちらはアメリカの西部劇に出てきそうです…

IMG_05679.jpg

今まで見てきたのは第二竪坑。
↓こちらは第一竪坑の跡。写真見にくい…

IMG_05686.jpg

第一竪坑の方が断然大きかったそうです。
炭鉱を縮小した際、こちらの大きい方は不要になり
巻揚機も撤去したそうです。
第一竪坑の巻揚機はその後北海道の炭鉱へ移設されてそうですが、
その後は行方不明だそうですよ。

IMG_05687.jpg

第一竪坑の穴は塞がれていません。
地下水?の関係で埋められなかったそうです。
ってことは入ろうと思ったら入れるんですね。



親切なガイドさんがいらっしゃったお蔭で
色々知りたいことを教えてくれました。

IMG_05682.jpg

大変勉強になりました。
三池炭鉱は、ここ万田坑以外にもたくさん炭鉱があります。
全て見てみたいな~と思いました。

IMG_05689.jpg

とっても良かったです。
他の近代の世界遺産も大変興味が出てきました



2017-11-05

蓮華院誕生寺奥の院の巻

蓮華院誕生寺から車で10分ほど…

蓮華院誕生寺奥の院に到着!

IMG_05582.jpg

こちらはかなり広大な境内です。

IMG_05585.jpg

日本一、いや世界一だという大梵鐘。

IMG_05586.jpg

確かにデカい!!
37.5トンもあるらしい…

IMG_05587.jpg

昨日はさぞかし賑わったのでしょう…
本日はさっぱり参拝客がおらず…

IMG_05590 (1)

稀勢の里の手形の絵馬。
数年前のものでした。

IMG_05594.jpg

仁王像。

IMG_05593.jpg

白目がいい感じに仁王をかわいくさせています。

IMG_05595.jpg

木造ではない五重塔。
結構ずっしりで重量感バッチリ。

IMG_05591.jpg

仁王門をくぐると…

IMG_05590 (2)

超デカい皇円大菩薩座像!

IMG_05598.jpg

あそこまで行くのに結構大変そうだぞ…

と思ったのですが、
そこまででもなかったです。

IMG_05601.jpg

裏には大日如来が。

IMG_05602.jpg

土門拳ばりに近くで撮りたかったのですが、
私の腕とチープなデジカメでは大変失礼ですので
遠くから失礼して撮影させていただきました…

IMG_05603.jpg

いい景色も見れました。
もう少し天気が良ければ、
雲仙まで見えたそうです。

IMG_05621.jpg

厄皿投げ。

IMG_05609.jpg

むむむ・・・
ちょっと高いかな…
とはいえ、2枚投げてきました。

IMG_05611.jpg

三つの鐘。
家族の鐘、恋人の鐘、隣人の鐘。

IMG_05618.jpg

三つとも大きさが違うので
音色も違う。
同時に三つ鳴らすと微妙に心地いい、
アジアンテイストなハーモニーでした。

↓お土産~

IMG_05691.jpg

世界一の大梵鐘の焼酎。
見つけて即買いでした~♪♪
素敵すぎる。




2017-11-05

蓮華院誕生寺の巻

司ロイヤルホテルをあとにし、

蓮華院誕生寺へ行ってきました。

IMG_05556.jpg

今日も天気がいいぜっ!

IMG_05557.jpg

なかなか広い!

IMG_05558.jpg

正面に見えるのが南大門です。

四天王が守っておいでです。

IMG_05559.jpg

IMG_05561.jpg

新しい仏像ですね。

IMG_05564.jpg

IMG_05562.jpg

広目天の筆が、ちゃんと墨がついてるとこと
付いてないところがあっていい!

IMG_05563.jpg

南大門の隣に、『コーポ南大門』
めっちゃええやん!

IMG_05560.jpg

南大門をくぐり…
ずーっと参道が続きます。

IMG_05566.jpg

途中、釈迦堂を発見。

IMG_05567.jpg

隅に、昔真ん中に座っていらっしゃったであろう
釈迦如来が…
かなりいい味を出してらっしゃる。

IMG_05568.jpg

参道を進むと、
ど真ん中にお坊さんが立っていらっしゃる…

IMG_05569.jpg

このお寺は真言律宗。
誕生寺、という名前ですが、
誰の誕生かというと、皇円上人です。

皇円上人とは、藤原道兼の子孫で、
この地に生まれたそうです。
なので誕生寺っていう名前みたいですよ。

この銅像のお坊さんは皇円上人ではなく、
この地に寺を再興したお坊さんです。

IMG_05570.jpg

境内も新しい建物が…

IMG_05573.jpg

五重塔も!

IMG_05577.jpg

この日は11月4日…
昨日お祭りだったそうで、
昨日来ていれば稀勢の里に会えたかも…

IMG_05571.jpg

昨日は沢山参拝客がいたんでしょうね。
本日はだーれもいません…

IMG_05576.jpg

ご本尊は『皇円大菩薩』

IMG_05580.jpg

皇円上人のご先祖、藤原道兼の菩提塔もありました。

IMG_05581.jpg

旦那が、九州でこんな五重塔なんてあるんだー
と言っていました。
うーん、他にもあったような…

ありました、東長寺




2017-11-05

司ロイヤルゴルフ&司ロイヤルホテルの巻

全然仏像と関係ないんですけど…

というか、最近あんまり仏像とは関係なく
旅関係の記事をアップしておりますので
大した違和感はないかと思いますが・・・

先日、久しぶりにゴルフへ行って参りました。

IMG_20171103_132019.jpg

司ロイヤルゴルフです。

スコアの話は置いといて…テヘヘ…

ゴルフ後に同系列のホテルに宿泊しました。
司ロイヤルホテル。
ゴルフ場から10分、15分ぐらいでしょうか。

IMG_05554.jpg

おんせーん!
いえーい!

温泉の写真はございませんが、
かなり大きなお風呂で露天風呂もサウナもありました。

でらうまいビールを飲んでやると
普段はそこまで入らないサウナで10分ほど我慢し、
お風呂出てからも一切水分を取らないという
危険行為を乗り越え無事、格別の生ビールをいただいたのでした。

夕食はこんな感じでした。
会席料理ってやつ??

IMG_05537.jpg

大部屋でいただきました。

IMG_05538.jpg

ここのホテルの収容人数は一体何人なんでしょうか…

大部屋がいくつもあって
団体さん用のお部屋も沢山あって…

IMG_05539.jpg

とにかく凄い沢山の人…
ま、三連休っていうのもあったとは思いますが。

IMG_05540.jpg

お造り、なかなかおいしかったです。

IMG_05542.jpg

おいらたちの好きな肉がなかったのが残念ですが…
そんなに高いプランではないので
これもよしです。

IMG_05543.jpg

正直、ご飯中はおもてなし感ゼロでした…
ま、仕方ない。
あれだけの多くの人を捌くのは大変だ…

IMG_05550.jpg

でもフロントでの接客はとても良かったですよ!

IMG_05551.jpg

翌朝はバイキング。

IMG_05553.jpg

旦那「肉料理が少ないね…」
…ウィンナーあったがな…

この日の夜も散々食べたので
間違いなく2キロは太ったと思います…

ま、これもよしとしよう♪



THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク