2010-07-03

湖東三山 その3 金剛輪寺の巻

のこり2つ!
急げ~!

2回目の金剛輪寺。
宗派は天台宗。

kongourinji1

でっかい提灯がお迎えしてくれます。
いくらすんねんやろ~と独りぶつぶつ。

kongourinji2

↑なんだか魚みたいな感じになっちゃってます。
(ちょっと見にくいね)

kongourinji4

ここはお地蔵さんが多いんです。
一体につき1つ風車がついてます。
火サスみたいですよ…

kongourinji4

雨女の私にしたら本当に珍しく、この日はド快晴!
陽の光を浴びてきれいでしたよ!

…あれあれ。本堂の写真を撮ってなかったみたいです。
なので、前回来た時の写真↓

kongourinji7

ここも最高です!
本堂を吹き抜ける風がたまりませんよ~

前回来た時はなかったパンフレットを発見!
これ、以前はありませんでしたよね~?と
一回目じゃないよ的な発言をしたおかげか、
住職さんらしき方がお寺と仏像の説明をしてくださいました。

ご本尊は秘仏聖観音。
伝説つきの観音様で、この像を彫ったのはあの行基だそうです。
行基が彫っていたところ木から血が流れてきたそうです。
それで「生身の観音様」と呼ばれているみたいです。

ちなみに、この金剛輪寺は紅葉が非常に有名です。
(湖東三山自体が紅葉で有名ですよね)
観音様の伝説と紅葉を掛け合わせて、
血染めの紅葉…と形容しているみたいです。
ちょっと怖い…もうちょっと他にも言い方があるような気がしますが…

聖観音以外にも、十一面観音(平安時代)、四天王(鎌倉時代)、
阿弥陀如来(平安と鎌倉2体)…

このお寺の仏像はほとんどすべて、
もっちりむっちり系です。
平安時代に造られた仏像は分かりますが、
鎌倉時代と言われている四天王も、もうもっちりむっちりなんですよ。
もっちゃりずっちゃり。
それでも動きのある立ち方をしておられますので
鎌倉ですよね、って感じなんですが。

極めつけが内陣裏側にある大黒天立像。。。
もう、その迫力っていったら!
台から落ちてきそうなんですよ!
もうだるまみたいなからだに足がちょこんと付いてる感じなので、
落ちそうなかんじなんです。
しかも、これがデカイ!
足に直撃したら気失うな~とか妄想。

仏像もたくさんあり、お寺の雰囲気が抜群!
ここもまた来たいお寺ですね!

kongourinji6
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク