2010-07-25

仏像修理100年 奈良国立博物館

いや~もう、夏休みやしね、スゴイ人が押し寄せてると思ってたんですよ、、、

ところがところが…ほんとに人が少ない…

内容的には仏像ファンにとってすんごい面白い企画だと思うんですが。

入館料1,000円だったので、いつもより安いなと思ってたんですが、
通常の特別展より出品数も少なかったです。

仏像修復100年

明治31年(1898年)、岡倉天心が日本美術院を創設。
ここから日本の仏像修復の歴史が始まったそうな。

結構有名な仏像が修復材料として取り上げられていたので
なかなか楽しかったです。

円応寺の閻魔さんとか、平等院の雲中くんとか、三十三間堂、東大寺戒壇院、法華堂、興福寺、法隆寺、
薬師寺、西大寺…

もう有名どころ満載です。

でもすごい国宝級の展示物が!!
まさに国宝なのですが、あの臼杵磨崖仏が!!

数年前本物を見たときはホントおののきましたよ!
おののきました。

すごい迫力なんですよ!
まさかこの特別展で取り上げられているとは!

ご存じのように、この石仏さんは頭が落下したままになってました。
この頭を元の位置に戻すか、落ちたままにしておくべきか…
市を二分する大議論になったそうです。(確かに大切な観光資源やしね!)

臼杵の写真探したけどなかった…(泣)



あ、ちなみに奈良博の常設も行ってきましたよ!
リニューアルです!
室生寺の十二神将がなかった…お里帰りみたいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク