2016-11-10

北里柴三郎記念館の巻

小国地方へ行ってきました。

IMG_2649.jpg


阿蘇の北側ですよ。

IMG_2618.jpg

泊りで行ったので、まずはお宿から~

IMG_2619.jpg

今回宿泊したのは『山川温泉 四つ葉』さん。

IMG_2622.jpg

わいた温泉郷の一つです。

IMG_2623.jpg

10部屋程しかないみたいで、各部屋に露天風呂がついています。

IMG_2624.jpg

二人で入るといっぱいです。十分ですけどね。

IMG_2625.jpg

部屋もちと狭い… うちらには十分ですけどね。

前日に予約したので取れただけでも満足でございます。

IMG_2629.jpg

晩御飯~

IMG_2630.jpg

色んな宿に泊まっている方は分かると思うんですけど、
安めの旅館だと、「これ業者から買ってる既成品やな~」っていうのが分かるんですけど
(もちろんそれもおいしい!)

このお宿はほとんどが手作りだと思いました。(全てではないかもしれませんが…)
だからとっても美味しくいただきました
旅館の料理は、見た目も大事ですが、何より真心やなーって思います。

IMG_2647.jpg

↑朝ごはん


宿の近くの『北里柴三郎記念館』へ行ってきました。

IMG_2653.jpg

特にここに来たくてこのあたりに泊ったわけではないのですが…

IMG_2658.jpg

有名な方なので、その方の記念館でしたら是非!ということで
お伺いしました。

IMG_2657.jpg

湧蓋山(わいたさん)がきれいに見えます。

IMG_2655.jpg

北里柴三郎記念はこのあたり出身です。
彼もこの湧蓋山を見て育ったと思われます。

IMG_2659.jpg

彼も例にも漏れず、いいとこの坊ちゃんで
親の勧めもあって現在の熊本大学医学部(熊本医学校)へ進学するのです。

IMG_2661.jpg

しかし彼は、医学の学校に行ったにもかかわらず、
外国語をマスターしたいためだけに通い、海外の先生の通訳もしていたらしい…
(もうこの時点で次元が違う…)

IMG_2662.jpg

将来は軍人(武士)か政治家だったそうな…

IMG_2664.jpg

医学校の外国人の先生に医学の重要性を教えられ、
その後ドイツへ留学することになります。

IMG_2669.jpg

その後の活躍は割愛させていただくとして、
それにしても、ものすごい頭の良さと、とんでもない経歴…

IMG_2672.jpg

そして…
ものすんごーい足が冷たい…
彼の一生のVTR(まあまあの長さ)を見てたのですが、
あまりに足が冷たくて耐えれず日向に避難…

無題

縁側であたたまる…

IMG_2673.jpg

ここからの眺めは最高!

IMG_2678.jpg

2階からの眺めも最高!!!!

IMG_2690.jpg



北里柴三郎って名前はもちろん知っていましたが、
めちゃ根性ある男前な方だと初めて知りました。
そら家の前にバス停もできるがなー



IMG_2660.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク