2016-11-12

福運三社めぐり 小国両神社の巻

北里柴三郎記念館を見終え、
その後の予定は当初は決まっていなかったのですが、
旅館で色々調べてみたところ、

なんかでかそうな神社がある!

ということで行ってきました、小国両神社。

IMG_2692.jpg

神社の目の前がすぐ道となっております。
信号機がめちゃ近い。

IMG_2694.jpg

実は、そんなに期待していなかったのですが…

IMG_2693.jpg

なかなかどうして、すんばらしいじゃないの。

IMG_2696.jpg

聖域感、ハンパないぜ。

IMG_2697.jpg

境内にちいさなクリークが… すごい…

IMG_2698.jpg

歴史を感じる木がたくさん。

IMG_2699.jpg

IMG_2705.jpg

何とかして社殿と御神木を一緒に撮りたいのだが…

IMG_2700.jpg

なかなかうまくいかない…

IMG_2701.jpg

う~む…

IMG_2702.jpg

でもこの雰囲気、飛騨一宮水無神社の入り口を思い出させるような…
(そうでもないかな…)

IMG_2703.jpg

両神社とは、高橋大神と火宮大神の二柱を奉っているからだそうです。

IMG_2710.jpg

もはや石垣の一部とならん石碑を発見。
苔まみれになっており、この神社の深い歴史を感じることができる。

IMG_2719.jpg


以下、パンフレットから抜粋。
『江戸時代、小国両神社の境内には神護寺があった。
神護寺は年貢や種籾が足りない百姓に賽銭を貸した。
多くの人が救われた。また商家では商いの元手に
賽銭を混ぜると万倍返しになると小銭を借りた。
福銭である。
その故事にならいけやき水源の水神様・小国両神社・鏡ケ池の恵比寿様
の神々に当たりくじ祈願や福運招来を祈願された方に
福運三社の祈願をこめた福銭をお貸し致します。』

ということで、スタンプラリーを開始!

IMG_2704.jpg

三社をめぐり、スタンプを集めると『福銭』というものが得られるそうだ。
スタンプラリーといっても、歩いて回れる距離ですよ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク