2017-03-31

パラオの旅~ペリリュー島の巻①

3日目は是非とも行きたかったペリリュー島へ。
もちろんツアーです(ロックアイランドツアーカンパニー)。

IMG_3798.jpg

この舟でペリリュー島まで行きます。

IMG_3799.jpg

救命胴衣を着て出発。
ガイドは元自衛隊のマサトさん。

IMG_3815.jpg

マサトさんの声は聞き取りやすくて、
心地いい早口でとてもよかったです。

IMG_3830.jpg

海がきれいすぎる!

IMG_3836.jpg

ペリリュー島まで一時間ちょっと。

IMG_3862.jpg

早速日本語で書かれてる。
パラオカラーがきれいですね。

IMG_3866.jpg

トイレ休憩の後、早速出発。
ちなみにトイレ休憩は、全部で3回でした。
どのトイレもキレイでビックリしました…

IMG_3869.jpg

↑このバスで島内をめぐります。

まず最初に見学したのは、トーチカ。

IMG_3872.jpg

この中に入って穴から攻撃します。

IMG_3874.jpg

中は意外に深く、残念ながらゴミが…

ペリリュー島って、周囲20キロ?ぐらいだそうで、
本当に小さい島なんです。
そして、なーんにもない。
高校もないので、みんな本島へ出てしまって、
そのまま本島で就職するんだそうです。

IMG_3875.jpg

日本が支配ている時に造られた橋。
米軍との戦い前に破壊されたそうですが、
橋げたはまだ残ってる。

IMG_3877.jpg

↓千人洞窟

IMG_3879.jpg

洞窟の中は迷路のように狭い通路が張り巡らされていて迷いそう。

IMG_3882.jpg

しゃがまないと通れないぐらい狭いところが沢山。
しかも真っ暗なのでお借りしたライトで天井と足元を照らしながら
進んでいきます。

IMG_3883.jpg

よくこんなものを掘ったよね。すごい。

IMG_3885.jpg

↑当時のビール瓶。

IMG_3889.jpg

↑救護室。

IMG_3891.jpg

千人洞窟は割と早い段階で制圧されてしまったとのこと。

IMG_3893.jpg

外に出るとまぶしい…

これもトーチカ。長いです。

IMG_3897.jpg


ペリリュー島民の墓地。

IMG_3908.jpg

IMG_3909.jpg

IMG_3910.jpg

その片隅に日本人関連の記念碑、墓石がありました。

IMG_3911.jpg

観音菩薩にも出会えました。

IMG_3912.jpg

↓沖縄の塔

IMG_3914.jpg

泳ぎの得意な沖縄出身の兵隊10数名が、伝令を伝えに本島までの40キロを泳ぎ、
生きて本島にたどり着いたのは数名だったそうです。
(細かい数字を忘れてしまってスミマセン…)


↓旧日本軍の施設が博物館になっています。

IMG_3919.jpg

爆破されてボロボロなんですが、かなり頑丈なんで完全には壊れなかったようです。

Where are you from?
どこから来たのか針を刺していく。

IMG_3923.jpg

正確なものなのか多少疑問だけど、意外にヨーロッパの数が多かった。

IMG_3924.jpg

ペリリュー島の戦い関連の資料が、アメリカサイドと日本サイドに分かれて
陳列されていました。

IMG_3927.jpg

なんかこう、両国に分かれて同じ建物に並べられてるのが何とも言えない不思議な感覚。

IMG_3932.jpg

ここを沢山の日本人が訪れていることがよく分かりました。

IMG_3939.jpg

私たちがこの博物館に到着した時には、
アメリカ人っぽい方たちのツアーとも遭遇しました。

IMG_3940.jpg

ここに来るのは日本人だけではありませんね。



↓旧日本軍指令本部跡。

IMG_3949.jpg

ここは廃墟好きにはたまらない場所なんではないかと思います。
私自身はそこまで廃墟好きだとは言いませんが…

IMG_3953.jpg

相当丈夫な建物だったようで、
当時の部分がだいぶ残っています。

IMG_3954.jpg

天井も一部抜けてしまっています。

IMG_3955.jpg

でも、なんと!二階に上がれるのです!

IMG_3956.jpg

んん??この上に行けるの??

IMG_3958.jpg

その前に一階を見学。

IMG_3961.jpg

分厚いドアをくぐると、そこは頑丈な造りの部屋でした(窓はないですが…)
そうとう丈夫だそうで、数年前の巨大台風の際は地元の方たちはここに避難したそうです。

IMG_3962.jpg

横から見ても壮観。

IMG_3968.jpg

ドアの上部には銃撃の跡がありました。

IMG_3973.jpg


さて、お待ちかねの2階へ。

IMG_3979.jpg

当時のタイルが残っています。
内装にもこだわっていたようです。

IMG_3985.jpg

ふつーに落ちそうです…

IMG_3986.jpg

↓トイレ

IMG_3989.jpg

↓お風呂(立って入れる!)

IMG_3991.jpg

本部の建物のすぐ横に防空壕があります。
上空からは全く分からないみたいです。

IMG_3996.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク