2010-02-07

大須観音→万松寺

やっぱり、大須から始めようと思いまして…

何年ぶりでしょうか?行ってきました、大須観音。

oosukannon1

京都の仏像部の方々はあまりご存じないと思いますが、大須観音は名古屋市の町中にあり…

近くに商店街もあって、また、受験・入試祈願に訪れる学生が多いこと、多いこと。

私も浪人時代に一度お参りに来ました。

それ以来ですから~え~何年ぶりでしょうか…

oosukannon3


では大須観音の概略です。私も全然知らなかったのでめっちゃ勉強になりましたぜ!

正式な寺の名前は、真福寺宝生院です。

でも本尊が聖観音で、その昔、岐阜県の大須郷という地に在していたことから“大須観音”と言われているみたいで、

ここ名古屋市中区に徳川家康の命で移されてからも、その名前は受け継がれてきたのでしょうね!

oosukannon4


さて、ここ大須観音は“日本三大観音”の一つと言われているみたいです。

へぇ~知りませんでした。

ではあと二つはどこでしょうか?

答えは最後です。(ばり仏像部のみなさんは普通に知ってそうですね…)                          

ちなみに宗派は、真言宗智山派です。
ですからモチロンいらっしゃいますよ!この方が!                      

oosukannon2

それでは本堂のハナシ。

真正面に本尊の聖観音。でもこれはお前立です。大きさは光背・台座入れて2尺ぐらいに見えました。

ちょっと遠いからもう少し大きいのかもしれませんよ。

扉の向こうに隠された本尊秘仏は50年に一度しか拝めない

というネット情報があったのですが…

お寺の方に聞くと、「25年か30年かぁ~…もう少し先だと思うけど、私は生きてまへんわ!
お姉さんは目の黒いうちに見れると思うよ!」

…。正確な情報を知ってる方、教えてください。

ちなみに、ここのパンフレットはございません。

正面に聖観音、向かって右側は不動明王を中心に、多聞天、(あと一つが如来なんですが種類が分かりませんでした)、

左側は弘法大師を中心に布袋尊、増長天が配されております。

oosukannon5

敷地内ではこんな塚もありました。

歯歯塚。ししづか?ははづか????

頑張ってくれた歯や入れ歯に感謝するための塚で、歯や入れ歯を入れるハコみたいなのが前についてます。

oosukannon8
     
それにしてもハトが多い…。エサ箱もありました。@50円。

oosukannon7

それにしても寒い…。そりゃ大日如来様も宝冠ごと帽子をかぶりますよね…。


人生で二度、鳥のフンを頭に落とされた経験があるので…

頭上を気にしながら商店街へ


名古屋を離れて10年ほど経ちますが、大須ってこんな街でしたっけ!?

若い子が非常に多くて、お店も多国籍な感じがしました。

商店街のみなさんも努力してらっしゃるんだなーと思いましたよ!

道がキレイなんですよ。


商店街をのこのこ歩いて万松寺へゴー!

banshouji1

このお寺はめっちゃ小さいんです。商店街のドマンナカにあります。

banshouji2

織田信長ゆかりのお寺です。

banshouji-goshuin

お不動さんは見れません。


さて、日本三大観音の答えです。

津観音と浅草観音です。

まさか、、、津とは。地図で確認したら結構車で通ってるとこやった…

いや、ほんと、勉強不足ですねー。














スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク