2011-06-05

釘抜き地蔵の巻

釘抜き地蔵へ。ここも初めての場所。

このお寺、正式名称は石像寺。

819年弘法大師が開創。

釘抜き地蔵1

ご本尊である「釘抜地蔵尊は大師が唐より御帰朝の時に、舟に積んでこられた石に、
地蔵菩薩の尊像を、自から刻みたまい、日夜に衆生の諸悪、諸苦、諸病を救い助けんと
御祈願された御丈三尺六寸の石像」、だって。(パンフレット引用)

だから石像寺っていうんだね。

釘抜き地蔵2


当時は様々な苦しみを抜き取り去る、という意味で“苦抜地蔵尊”と呼ばれていたそうですが…

その後、京都有数の商人、紀の国屋道林の逸話により“釘抜地蔵尊”といわれるようになったそうです。

釘抜き地蔵3

この道林、急に両手が痛くなり、色々治療を尽くしたものの治らず、この苦抜地蔵の霊験あらたかを
聞き知り願をかけて祈ったところ、地蔵尊が夢に出てきて、道林の前世に人を恨み仮の人形に八寸の釘を
両手に打ち付けたことが原因だと、釘を抜いてくれたそうです。

急いで寺へ行ったところ、地蔵尊の前に朱に染まった二本の八寸釘がぁぁぁぁぁ~!きゃー!

それで釘抜地蔵と呼ばれているみたいですよ。

釘抜き地蔵6

ここの手ぬぐい、めちゃいいっす!
生地もしっかりしてるし、デザインもかわいい!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

THANKS☆
ばり仏像部

めぐりん

Author:めぐりん
京都伏見の居酒屋ばり に集う仏像部のメンバー、 めぐりんによる活動報告ブログです!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク